DJ Takaaki Yamada (URBAN HOUSE) by canal

yamadayama.exblog.jp
ブログトップ

2008年 02月 20日 ( 1 )


2008年 02月 20日

i-depのpartyに行ってきました!!


Tour de i-dep!!!-feel the Fine tuning-Lime Light.presents WARTER Valentine Special !!!
2008.02.16(Sat)

e0132441_427097.jpg


i-depのパーティーに行ってきました!! っの、前にi-depの中村さん、マネージャーの佐藤さん、note nativeの田尻さん、waRterの直樹君、shop is no nameの神戸さん、consent gfxの松田さん、僕の七名で、hanao cafeにて食事をしました(直樹君、お誘いありがとうございます)いやいや、こんなに楽しい食事会は久々です。中村さん(i-dep)は、ステージ以外でも、かなりのエンターティナーでしたね。まるで漫才大会!!ツアーの話、お笑い話、業界話、楽しい時間がゆっくり流れてく...ファンが一人増えました(笑)あっ、神戸さん、お土産お煎餅(ゆかり)ありがとうございます。現地waRterでは、井上薫さんのライブもあり、お洒落ムード満載。田中さん(FPM)の友人である、針師のはじめさんも御来場!!アルコールをシャワーのごとく浴びた一晩。URBAN HOUSEのレジデンスVJでもある、consent gfxの松田さんもブイブイきめてました(爆)次回も、皆さんで柏に来て頂きたいですね(語手...山田山)


071.gifHiroshi Nakamura (idep)
クラブシーンに影響を与えるプレミアムなバンドとして注目されているi-depのリーダー&コンポーザー。また、プロデューサーとしても精力的に活動を行い、現在も国内・海外問わず多くのアーティストを手がけている。また現在記録的セールスで各CD SHOPで未だにロングセラーを続ける"Sotte Bosse"のプロデューサーとしても注目を集めている。ポップミュージックからクラブミュージックまで、ジャンルという垣根を自在に飛び越え独自の音を創り出す彼のクリエイティビティは注目の的となっている。

071.gifTomoyuki Tajiri (note native)
DJ、リミキサー、選曲家としてクラブ、ラウンジミュージックを中心に活動する田尻知之のソロ・プロジェクト。これまでに、多数のMIX CDやコンピレーションの選曲、監修等を手がけつつ、IRMA RECORDSの Banda Favela 「Grao de trigo」"note native mix"のワールドリリースや、アーティスト MEGのRemix Album「mgrmx」等へ参加。
90年代後半よりDJとしてのキャリアをスタートさせ、渋谷The RoomやLa Fabrique、代官山airを拠点に、都内有名クラブのほとんどでレジデントやGuest出演、また多くの海外アーティスト来訪時の共演としても活躍。そのスタイルは"new crossover"とも言われ、ハウス/ジャズ/ブレイクビーツ/テクノなど元レコードショップバイヤーならではの幅広いセレクションを自在にクロスさせ、直感と狙いが絶妙に共存された独自のスタイルを確立。今春、大ヒットコンピレーション"aperitivo"の新シリーズ「aperitivo mix」の第一弾DJにも抜擢され、「aperitivo mix mixed by Tomoyuki Tajiri-」をリリース。DJ MIXは勿論、選曲、監修も手がけ、今も尚好セールスを継続している。

071.gifFusik
藤枝伸介と井上薫の新ユニット“Fusik”誕生。ワン&オンリーなバンドとしてクラブシーンから熱い注目を集め続けるi-depの藤枝伸介(Sax)と、DJ/クリエイターとしてまさにジャンルを超えた活動を続けるchari chariこと井上薫が新ユニット『Fusik(フュージック)』を結成。お互いの頭文字と「music」を掛け合わせたこのユニット名には、それぞれの感性やキャリアを核にしながら、あらためて表現者としてジャンルレスに音楽を追求するというステイトメントが込められている。デビュー作となる本作には、お互いが発する波長、バイブスがシンクロした瞬間に生まれたという全9曲(インタールードを含む)を収録。House、Jazz、Latin、Dub、Bossa Novaなどのエッセンスを巧みにアレンジした井上薫によるトラックと、藤枝伸介のセンシャルでスリリングなSaxの共鳴は、どんな言葉でも形容しがたい独特の輝きに満ちた世界観を持っている。

071.gifVJ:Hideki Matsuda
2004年 VJ活動を開始。HOUSE、ROCK、ELECTROから LOUNGEまでこなすVisual Jockey、Pioneer DVJ-1000を基に、EDIROLCG-8、kaptivator を使いこなし独自の映像表現で造り上げる。石野卓球やDERRICK MAY 、FRANCOIS K、SHINICHI OSAWA 、Tomoyuki Tanaka(Fantastic Plastic Machine)などのビッグネームとの共演も果たしている。CLUBでのVJに留まらずロックバンドの専属VJなどもはたし近年急成長を果たしているVJ!!またインテリアコーディネート、店舗デザイン、経営などと、マルチな1面も持っている。
[PR]

by canal-kashiwa | 2008-02-20 01:56 | party